急激な体重増加!これって更年期の症状の1つなの?

更年期というのはちょうど45〜55歳くらいのことをいいます。
この時期に太ってしまったという女性は少なくありません。
この時期の体重増加は中年太りともいえますが、実は更年期が大きくかかわっているから太ってしまう女性が多いのです。
そこで今回は、体重増加と更年期についてご紹介していきます。

更年期の時期は、太りやすい時期と重なる

私たちの身体は、年齢を重ねるごとに少しずつ老化していきます。
体は老化を迎えると自然に筋肉量が少なくなります。
そうすると更に代謝が悪くなり、消費カロリーが減ってしまうのです。
それなのに、仕事が忙しく運動はできない、ストレスがたまり暴飲暴食に走ることもある、また仕事の付き合いも増えるといった環境もあるので摂取カロリーが多く太りやすい環境になっていることも少なくありません。
更年期の時期というのは、年齢的にも老化と生活習慣で太りやすくなる時期であることを理解しておきましょう。

自然と太りやすいうえに更年期で更に太りやすくなる!

更年期の時期に入るとホルモンのバランスが崩れてしまいます。
女性ホルモンであるエストロゲンは、脂肪の代謝を促し、体の中のコレステロールを一定に保つ働きがあります。
しかしながら女性ホルモンが少なくなることによって、この働きが乱れてしまうのですね。
そうすると、体内の中には、代謝がされなくなったコレステロールがたまりやすくなります。
また脂肪が代謝されないので、太りやすくなってしまうのです。

太りやすい更年期を乗り越えるために必要なこと

太りやすいからといってその流れに身を任せていたら、体重は増加の一途をたどります。
多い人ではこの更年期の時期に10キロ以上体重が増えてしまう人も!
太ってしまうと、体が重く動きたくなくなる、また膝や股関節といったところに負担がかかり、将来的にも良い影響はありません。
更年期には少し増えるのは当たり前だと前向きに考えつつも、体重が急激に増加しないように食生活や運動習慣など注意をする必要もあります。

食事制限は辛い!それなら運動で更年期太りを解消!

食事制限だけで体重をコントロールしようと思うと我慢も必要ですし、ストレスもたまります。
そんなときには、上手に運動を取り入れていきましょう。
運動をすると筋肉を動かすので筋肉や骨の強化、更に代謝も上がります。
また汗をかくことによって爽快感を得られ、ストレス発散などにもつながります。
更年期に体重が増えることは多いのですが、上手に運動を取り入れることによってコントロールすることも可能なのです。

関連記事