更年期の若年齢化が進んでいる?若年齢更年期障害になりやすい人の特徴

更年期というと、中年世代の女性がかかるものだと思われている方も多いですが、実は、最近では更年期の若年齢化が進んでいます。
そうなりやすい方には特徴がありますので、ここで若年性更年期にかかりやすい方の特徴を知りましょう。

ダイエットのし過ぎ、もしくは太り過ぎ

ダイエットのし過ぎ、もしくは太り過ぎの方というのは、どちらも対称的な存在にあるように感じますが、「栄養バランスを崩している」という面では共通した特徴があるのです。
栄養バランスが崩れれば当然、体に大きな支障をきたします。

これによって生理が止まってしまった経験がある方は多いでしょう。
つまり、女性ホルモンが乱れているので、こういった過度なダイエット、もしくは太り過ぎというのは避けなければいけません。

喫煙する人

喫煙は、血管を詰まらせ、補足してしまうため血流が当然、悪くなります。
これによってホルモンのバランスも乱れやすくなってしまうという働きがあるのです。
ですので、できれば完全に禁煙しましょう。

ですが、そう簡単に禁煙は無理かと思いますので、1日1本ずつたばこの数を減らしてみるなどして、徐々に禁煙していく、もしくは、できるだけ軽めのタバコに変えて対処するということをおすすめします。

ストレスをため込んでいる人

ストレスをため込んでいる人は、更年期だけでなく、体の隅々に支障をきたしますが、更年期を悪化させる原因ともなるので注意しなければならないのです。
しかも、現代人はストレスがたまりやすい状況に陥っています。

ですので、日頃から、エクササイズをしたり、心からリフレッシュできるようなことを見つけて、ストレスがたまった時にはそれをするようにしましょう。
ストレスは血管を詰まらせ、ホルモンバランスも乱してしまいます。

規則的な生活リズムになっていない人

寝不足やバランスの良い食生活を摂っていなければ、体にストレスがたまると同時に栄養不足となります。
そのため、ホルモンバランスが乱れます。
ですので、疲れがたまっているなら十分に寝る、そうでなくても、普段からしっかりとした睡眠時間をキープしましょう。

さらに、食生活藻バランスよく、野菜中心の食生活をして正しい生活リズムにしていけば、ホルモンバランスも正常化されます。

当てはまる方は要注意!今すぐ直していこう!

「あ、これ私かも」と、思った方は、今すぐこれを改善していきましょう。
そうすれば、更年期の症状を予防できます。

関連記事